初めてのノートPCバッグの選び方で大切な4つのポイントとは?

ノートパソコンやその周辺機器等を外出して持ち運ぶ時に必要なPCバッグはどんな選び方や使い方をすればイイのか?格安で便利なおすすめの「ひらくPCバッグ」は?等について、特に初心者の方向けに分かり易く説明しているサイトです。

カテゴリー:PCを保護して持ち運ぶ方法

2014年12月14日

ノートPCの持ち運びには衝撃を吸収するインナーバッグを使用すべき


pcbag55.jpg


大切なポイント1 持ち運びの時にノートパソコンを保護する方法は?




一般に、大抵のPCバッグでは下図のようにパソコン本体を
固定するベルトがついていたりしますが、

pcbag5.jpg



それでも、大きめのアウターバッグに入れてるだけでは、
中の収容部分の大きさに対してノートパソコンのサイズが

多くの場合になかなかピッタリくるわけではなくて、
バックの中でノートPCが動いてしまったり、

その他に例えば、周りのポケットに入れている電源コード
などが移動中にPCの表面にぶつかって傷ついたりする

危険性などもあります。さらに、パソコンのHDD(ハード
ディスク)部分などは外からの衝撃に対してとても弱く、

もろいので、持ち運びをしている時に振動や衝撃などを
外から続けて受けていると、簡単に壊れてしまいます。

この点については、実際に経験されている方も多いこと
でしょう。PCはとてもデリケートな精密機器であり、

アウターバックに入れているだけでは一抹の不安が
どうしても残ってしまいます。

pcbag7.jpg




ここでもし?と想像してみて下さい。
仕事で扱う重要なデータが入っているノートパソコンが

出先で突然に故障したらどうなりますか?
会議や商談などの大切な案件に損害が生じてしまいます。

または、大学のゼミなどで発表する予定の大切なデータが
入っていたノートPCなのに、

学校に来て開いてみたら、満員電車での混雑のせいで
つぶされてて正常に起動せず、

やむなく修理に出さないとってなったりしたらどうですか?
元通りに復旧させるのにとても多くの時間や手間(労力)、
コストがその都度かかってしまいます。



これは痛いですよね...。

出先で不慮のトラブルがあると絶望が入って凹むし、
精神的に良い影響がありません。



実際にPCバックについて、多くのユーザーさんの感想や
意見などを事前にできるだけ広くリサーチしてみましたが、

アウターカバンにパソコンを直接入れておくだけでは不安
だったり、旅先などで故障した報告もやはり多かったです。

pcbag6.jpg




なので、基本的にはアウターケースの中にノーパソを直に
入れておくのではなくて、

衝撃吸収用の素材がきちんと使われていて、丈夫で頑丈な、
そしてコンパクトで

アウターバッグの中にすっぽりと収まるような
インナーバッグをPC用に必ず使用すべき
なのです。



例えば、長距離を移動して飛行機に乗ったりするような
出張などの場合には、インナーカバンの必要性は特に
高まるでしょう。

出先でテンパって故障に対して修理などの取り次ぎをする
場面を想像してみて下さい。

または、事前にアポがあった相手の方に急いで連絡して
謝罪をしなければならなくなる場合もあるかもです。

そんな事態に比べたら、前もってわずかなコストで
万一の場合の安全と安心を購入しておく
と思えば、

ノートパソコン用のインナーバックの準備は決して高い
買い物ではないですよね?



「意外と知られてない... ノートパソコンのサイズにピッタリ合うPCバッグを見つける方法とは?」の記事へ



目次ページへ





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。